PAGE[04]
2012-06-27 21:22
[空飛ぶくじら]
今日も風の吹くままに
流れ 旅する空飛ぶくじら

海より広い この空を
自由に旅する空飛ぶくじら

誰よりも太陽の近く
光り浴びてキミは
何を探すの?

沈み行く太陽に
別れを告げて 今
キミは何思う
広がる雲の海
その広さ 一人では
寂しすぎやしないかな?


一人漂う空飛ぶくじら
月に向けてこう話し掛けた

「こんな広い空になぜ
僕は一人なの?
ねぇお月様」

月は何も言わずただ照らす
今夜の月はやけに明るい
漂う空飛ぶくじらの下
雲に映った 月の影

近すぎて 気付かなかった
月が照らす もう
一人の僕のこと
一人ではなかった
この広い
空 流れる
もう一人の 空くじら


キミとならば行ける
この広い大空を
明日に向かって


[←前|次→]
[セ編集]

[←戻る]