PAGE[08]
2012-06-28 01:40
[惜別]
最初は共に いがみ合い
分かり合うことができず
互いに傷つけ合った
受け入れることをせずに

子どもだった僕らは
ぶつかり合うばかりで
その度に少しずつ
分かり合い 笑い合えた

一緒に笑えてから
会えなくなる日が来ることを
気づいてたのに
気付かないふりしてた
この日が来ることを

さよなら また明日
笑って 会える気がして
さよなら またいつか
笑って会いたいから



友よ 嗚呼 今君は
何を感じているだろう
友よ 嗚呼 今オレは
切なさが胸に響く

友よ 嗚呼 今君は
この場所を巣立っていく
友よ 君に笑って
手を振れそうもない

今頭の中では
スライドショーのように
君との想い出が
ひたすら流れてく
別れを惜しむように

さよなら また明日
笑って 会える気がして
さよなら 流れでる
涙が 頬を濡らす


少しずつ君との距離が
遠のいていく


さよなら 旅立ってく
君の背中を見て
伸ばしかけた手を
ぐっと 強くにぎる


さよなら また明日
笑って 会える気がして
さよなら またいつか
笑って 会いたいから


[←前|次→]
[セ編集]

[←戻る]