PAGE[14]
2012-06-28 01:45
[帰ろう]
夜道を照らす薄暗い街灯の中を歩く
少し肌寒い帰り道

慣れない場所で背負ってた孤独と不安
上手く言葉に出来ないから
ずっと抱えたままだった

遠く離れたあなたの声が
辛いときは僕の背中を押してくれた

帰ろう 帰ろう
淋しくなったら
いつでも迎えてくれるよ
帰ろう 帰ろう
一人になったら家まで帰ろう


見上げた夜空に輝いてる星のように
きっと僕は支えられてここで生きているんだ

遠く離れたあなたの背中を
僕が押してあげれたらいいな

帰ろう 帰ろう
辛いときには受け止めてくれるよ
帰ろう 帰ろう
恋しくなったら 家まで帰ろう


[←前|次→]
[セ編集]

[←戻る]